洗濯方法記事一覧

デニムのジーンズなどはTシャツと同じようにをして標準で洗ってしまうと色落ちや形が崩れてしまうので丁寧に洗う必要があります。では、デニムの正しい洗い方を紹介します。ボタン、ジッパーを閉めて裏返しにするまず、色落ちをしないように洗う必要があるため、ボタン、ジッパーを閉めて裏返しにします。さらに、裏返すだけでなくネットに入れて洗うとさらに良いです。手洗いがおすすめ蛍光剤の入っていない洗剤を使用し、汚れ具...

近年ではオリジナルTシャツの人気があって、お気に入りの1枚にこだわりをもっている人が増えています。Tシャツといっても素材によって洗い方や干し方に変化をつけたほうが長持ちします。Tシャツの洗い方洗い方の基本としてまずはTシャツにタグ付けされている洗濯表示をチェックすることが先決です。家庭で洗濯する際の温度や干す方法についての指定事項が記されているので、必ずチェックしておくことが失敗を防ぐポイントです...

シーツをどのように洗い、干しているか、それぞれのおうちによって違うとは思いますが、我が家のシーツの洗い方と、干し方を紹介させていただきます。シーツを洗う頻度シーツは我が家では夏だと汗をかくので2日に1度は洗うようにしています。冬場は1週間に1度くらいの頻度で洗います。シーツは汚れていないように見えて実は寝ている間に汗をかいているので、汗や皮脂汚れがあるのです。なのでこまめに洗うようにしたほうが良い...

 「ワイシャツの洗い方、干し方」といっても、おそらくその方法論は何千何万という規模で存在し、結局のところそれは十人十色だろうと思います。かく言う私も、洗濯に対してそれほど拘っているわけではないため、洗濯するものの素材によって洗剤を変えたり、柔軟剤を加えたり…という工夫はしていません。しかし、そんな私も多少ながら意識しているポイントがあります。それは「しわ」です。買ったばかりの新しいシャツなら気にす...

ニットを買うのはいいのですが、ちょっとした食べこぼしや日常の生活の中で汚れてしまって、洗わなければならないことになるのもよくあることです。ドライクリーニングに出せば維持することは簡単なのですが、ドライクリーニングに出すとお金がかかってしまって経済的ではありません。カシミアのニットのドライクリーニングは600円くらいかかって、シミがあったりすると追加で450円くらいかかるので、かなり高価なクリーニン...

ランジェリーの洗い方や干し方について、知っていそうで知らない事もあります。ランジェリーとはそもそも装飾性のある女性用の下着であり、単なる下着の洗い方に比べると、長持ちさせるには少々洗濯時に気をつけなくてはならないこともあります。ランジェリーは肌に直接つけるものなので、皮脂汚れや汗がついています。なるべく使ったら毎日洗って汚れを落とします。暫く放置しておくと、黄ばんでしまい、劣化を早める事にもなりま...