お気に入りのTシャツを長持ちさせる洗い方と干し方の方法

近年ではオリジナルTシャツの人気があって、お気に入りの1枚にこだわりをもっている人が増えています。
Tシャツといっても素材によって洗い方や干し方に変化をつけたほうが長持ちします。

 

 

Tシャツの洗い方

 

洗い方の基本としてまずはTシャツにタグ付けされている洗濯表示をチェックすることが先決です。
家庭で洗濯する際の温度や干す方法についての指定事項が記されているので、必ずチェックしておくことが失敗を防ぐポイントです。

 

例えば、洗濯する時に失敗しがちなプリント柄や濃い色のTシャツだと、方法を間違えれば他の衣類に色映りするなどのトラブルが起きるので充分に注意しなくてはけません。

 

他の衣類とは別に洗うことに決めて、柔軟剤入りの専用洗剤を使うと、色映りや縮みを事前に防ぐこともできます。
目が細かな専用ネットに入れて洗うと引っかかったりすることもないので積極的に衣類を守ることを心がけてください。

 

ジルコニアなどの立体感のある装飾が付いているTシャツに関しては特に重要視するべきことで、他の衣類と一緒に洗うのではなくつけ置き荒いをする方法がお勧めです。
ぬるめのお湯に数十分つけ置きして、その後は洗濯機の脱水機能を使わずに、ある程度手で絞って陰干しするほうが衣類を傷めずに済みます。

 

 

Tシャツを干すハンガー選び


綿素材の物が多いと思いますが、普通の金具ハンガーにそのまま通して干してしまうと首周りが伸びてしまう傾向があります。
どうしても引っ張るので余計な力がかかって布地が伸びてしまうのです。

 

そこで使えるアイテムといえば、ハンガーの下の部分にスライド式の棒が付いているタイプの商品があるので、それを使うとTシャツの袖までシワが出来ることなく干すことができます。

 

本来はバスタオル用に使われているのですが、Tシャツを折り曲げずに満遍なく干せることから注目されています。

 


針金のハンガーでも問題なく使えますが、擦れやすくて型崩れしやすい難点があるので、肩の部分にハンドタオルを巻いて固定し、ずり落ちることが無いように止める裏技も効果的です。

 

 

Tシャツの干し方

 

手でアイロンをする感覚で適度い袖や裾の部分を伸ばしてから干せば、シワが目立たなくなってヨレヨレになるのを防げるのでお勧めです。
白い色のものならシミなどをしっかり落として透明感をキープするために、漂白剤入りの洗剤を使用したほうが得策です。

 

装飾品が付いていると多少の手間がかかりますが、長く愛用するためには手間を省かずに注意点を守るようにしてください。
表示タグに基づいた洗い方をクリアできれば、あとはいかに上手な干し方をするかがポイントになります。
先述したハンガー選びも大事ですが、濃い色やプリント柄などの場合は、プリント部分の劣化や色褪せを避けるためにも、陰干しで乾かすのがベストです。

 

スペースがあれば竿へ二つ下りにして干す方法もありますし、洗濯ばさみの型が付きにくいゴム製のアイテムを選んでみると、乾いた後でも気にせずにパリッとした仕上がりを感じることが出来ます。

 

セーターなどと比べるとTシャツは汗をかく夏場にヘビロテで着用するので、大切なものであればそれなりの知識を得て、頻繁に洗濯をしても傷まないように配慮するべきです。
直射日光に当てると消毒の意味では効果的ですが、素材の劣化の原因にもなるので、陰干しをするか、もしくは室内干しで時間をかける干し方を選択するほうが無難だと思います。

 

 

ジーンズを干す時によく使われる逆干しも簡単で、室内なら円状のハンガーに細かくクリップを挟み、空いた中央のスペースから乾燥しやすくなる便利な干し方もあります。
布を引っ張り過ぎずに等間隔でクリップ止めを行うことで、型崩れを防ぎながらも早く乾燥させられるメリットがあります。
外干しでも室内干しでも、素材に合った洗い方や干し方を覚えていくうちに失敗が少なくなるので、あらゆる方法を試す努力をしてください。

 

関連ページ

意外と知られていないデニムの洗い方と干し方とは?
デニム(ジーンズ、ジーパン、リジットデニム、apcデニム、セルビッチデニム、白デニム、生デニム、ダメージジーンズ)の洗濯の方法を紹介します。
我が家のシーツの洗い方と干し方を教えます!
シーツ(ベッド―シーツ、ボックスシーツ、布団シーツ)の洗濯方法についてお伝えします。一人暮らしの人でも簡単にできますよ。
ワイシャツの洗い方、干し方のちょっとしたコツ!
ワイシャツ(Yシャツ)の洗濯方法を紹介します。洗濯機、手洗い、ネットなどについてもお伝えします。
ニットの洗い方と干し方にはコツがあります!
ニットの洗濯方法を紹介します。縮む、伸びるなどの悩みがある人に必見ですよ。コツは洗濯機のドライモードをうまく使うことです。
意外と知らない!?ランジェリーの洗い方と干し方!
ランジェリー(ブラジャー、キャミソール、ショーツ)の洗い方と干し方について洗濯の方法を紹介します。