ワイシャツの洗い方、干し方のちょっとしたコツ!

 

 「ワイシャツの洗い方、干し方」といっても、おそらくその方法論は何千何万という規模で存在し、結局のところそれは十人十色だろうと思います。

 

かく言う私も、洗濯に対してそれほど拘っているわけではないため、洗濯するものの素材によって洗剤を変えたり、柔軟剤を加えたり…という工夫はしていません。しかし、そんな私も多少ながら意識しているポイントがあります。それは「しわ」です。

 

買ったばかりの新しいシャツなら気にすることもないかもしれませんが、何度も着用しているうちに少しずつシャツはよれていき、ゆくゆくはしわが目立つようになってしまいます。新品のワイシャツ特有のあのパリッとした感じが無くなって、なんとも力のない、だらしないような印象が表れ始めます。

 

 

ワイシャツはなぜしわになるのか?

 

では、なぜしわができるのか。そう考えた際にまず浮かび上がってくるのが、ワイシャツの洗い方の違いです。
ワイシャツには様々な素材があり、似たようなシャツでも使っている素材が全く違うなんてことは珍しいことではありません。しかしこれが非常に重要で、素材によっては、塩素系洗剤が使用不可であったり、柔軟剤が使用できないものであったりということがあり、それらの特徴は非常に多岐にわたります。

 

中には、水洗い不可、手洗い推奨、押し洗い推奨の素材を使ったシャツなどもあり、それをほかの洗濯物と一緒に洗濯してしまうと、先ほどと同様、パリッとした感じが無くなって、なんとも力のない、だらしないような印象が表れ始めるのがとても早くなってしまいます。

 

使っていれば、いつかは古くなって、新しいものに交換せざるを得なくなるのは仕方のないことです。しかし、ワイシャツも安いものではありませんし、それが大切な人からのプレゼントだったり、色やデザインがお気に入りのものであったりするなら、出来るだけ大切に着たいと思うのが人間というものです。

 

 

ワイシャツがしわにならない洗い方

 

できるだけしわにならないよう、ワイシャツを使い続けるにはどうすればいいのでしょうか。
その答えはズバリ、洗濯の際の「脱水」を短くすることです。

 

ワイシャツのしわというのは、ほとんどが濡れた後に生まれます。ぐちゃぐちゃのままの状態で脱水されたワイシャツは、乾燥とともにそのしわを形状記憶してしまい、再び洗った際にも同様のしわが浮かび上がるようになってしまいます。

 

ですから、脱水をそこまで徹底しない洗い方を意識することが大事です。

 

ワイシャツの干し方

 

また、それに付随してその干し方も重要になります。
ハンガーを使用する際は、必ずシャツのボタンは閉め、残したい形を整えた上で乾燥させること、また、日当りの良いところを選び、生乾きになるのを防ぐこと、これらも特に重要な要素です。

 

さらに言うなら、ワイシャツよりも大きいものと一緒に洗濯しないこと(他の洗濯物に押されて、しわができる)なども重要であるといえますし、1度にあまり多くの洗濯物を洗濯しようとしないことなども、実際に大きなファクターであるといえます。

 

 

おわりに

 

このように、ワイシャツを長持ちさせるためには、洗い方や干し方など、そのワイシャッを清潔に保つための様々な部分で意識すべき部分があるということになります。

 

洗い方や干し方は、より効果的で、より楽な方法などがまだまだあるかとは思いますが、洗濯も生活の一部ですから、職業や生活リズムなどによってそう一般的なものに準じることができないという方も多いかと思います。

 

そんな方は是非、自分の重要とする部分にだけ重点を置いて、そこだけでも意識できるようにしてみてはいかがでしょうか。洗濯機のボタンを押すだけなので、この方法は誰にでも無理なく実践できるかと思います。

 

もしよければ、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

関連ページ

意外と知られていないデニムの洗い方と干し方とは?
デニム(ジーンズ、ジーパン、リジットデニム、apcデニム、セルビッチデニム、白デニム、生デニム、ダメージジーンズ)の洗濯の方法を紹介します。
お気に入りのTシャツを長持ちさせる洗い方と干し方の方法
Tシャツを洗う方法と干す方法を紹介します。この方法ですと、縮む、伸びるなどの悩みを解決してくれます。毎日の頻度で洗うものですので気を使っていきたいです。
我が家のシーツの洗い方と干し方を教えます!
シーツ(ベッド―シーツ、ボックスシーツ、布団シーツ)の洗濯方法についてお伝えします。一人暮らしの人でも簡単にできますよ。
ニットの洗い方と干し方にはコツがあります!
ニットの洗濯方法を紹介します。縮む、伸びるなどの悩みがある人に必見ですよ。コツは洗濯機のドライモードをうまく使うことです。
意外と知らない!?ランジェリーの洗い方と干し方!
ランジェリー(ブラジャー、キャミソール、ショーツ)の洗い方と干し方について洗濯の方法を紹介します。