ニットの洗い方と干し方にはコツがあります!

 

ニットを買うのはいいのですが、ちょっとした食べこぼしや日常の生活の中で汚れてしまって、洗わなければならないことになるのもよくあることです。ドライクリーニングに出せば維持することは簡単なのですが、ドライクリーニングに出すとお金がかかってしまって経済的ではありません。

 

カシミアのニットのドライクリーニングは600円くらいかかって、シミがあったりすると追加で450円くらいかかるので、かなり高価なクリーニングになってしまいます。

 

 

洗濯機のドライモードを活用しよう!

 

最近の洗濯機にはドライモードがあって、ドライクリーニング指定のニットでも家庭で洗濯することができるようになりました。
洗い方としてはオシャレ着洗い用の洗剤を用意します。

 

中性のおしゃれ着洗い洗剤を使うことと、柔軟剤を使うとよりふっくらと洗い上げることができるので、柔軟剤も使うといいです。洗濯機のドライモード、手洗いモードを使う洗い方をすることが大事です。色落ちしないか、洗う前にテストすることも必要です。お湯は使わないようにします。お湯で洗うと縮んだりするのでとても気をつけることです。

 

シミがあるときには洗剤を少量つけてしばらく置いておくことです。
洗い方で大切なことは汚れが目立つ部分を外側にしてたたみ、ネットに入れて洗うことです。縮むことを防ぐために、ウールやカシミアなどのニットには30度以上の水を使わないことがコツです。

 

洗濯機にドライモードがない場合は?

 

洗濯機にドライモードがないような場合には、手洗いで押し洗いするようにします。手洗いしてから洗濯機で脱水するとよく水気が切れて乾きやすくなって、型崩れも防ぐことができます。

 

手洗いするときには、桶に水を入れて、たたんだ状態で押し洗いします。手のひらで20回くらい押して洗います。たたんだまま30秒ほど洗濯機の脱水をかけます。脱水するときにはネットに入れたりするときれいに脱水することができます。
そして、すすぎをします。

 

洗う時と同じように桶に水を入れて、手で押します。同じ要領で、2回すすぎを行います。手のひらを使って優しく押してすすぎをすることに注意します。そしてすすぎが終わったら30秒ほど洗濯機の脱水にかけることです。

 

 

ニットの干し方

 

ニットの干し方では必ず日かけ干しにすることが大事です。脱水した後に2?3回叩いてシワを伸ばします。ニットの洗濯では平干しすることが大事なので、平置きできる場所を確保することが必要です。

 

日光による黄ばみや色あせを防ぐためにも、必ず日陰干しをすることが干し方のコツです。
平置きできる場所がなかったりしたら、お風呂の蓋を使って広げて干すことができます。どうしても平干しする場所がない場合はハンガーにタオルをグルグル巻いて、そこにかけて干したり、物干し竿に真ん中で折り返すようにして干すといいです。

 

干し方はとても大切なことなので、できるだけシワがよらないようにして、ひら干しすることが大事です。

 

 

おわりに

 

ニットの洗濯は、要点に気をつけて洗えば怖いことはありません。
お湯で洗うようなことをしなければ、型崩れをすることもありませんし、干し方に工夫をすればきれいに洗うことができるのです。ドライマークのニットでも洗い方をマスターすればクリーニングに出さなくても家庭で洗うことができて、節約になりますし、いつもきれいな状態で着ることができます。

関連ページ

意外と知られていないデニムの洗い方と干し方とは?
デニム(ジーンズ、ジーパン、リジットデニム、apcデニム、セルビッチデニム、白デニム、生デニム、ダメージジーンズ)の洗濯の方法を紹介します。
お気に入りのTシャツを長持ちさせる洗い方と干し方の方法
Tシャツを洗う方法と干す方法を紹介します。この方法ですと、縮む、伸びるなどの悩みを解決してくれます。毎日の頻度で洗うものですので気を使っていきたいです。
我が家のシーツの洗い方と干し方を教えます!
シーツ(ベッド―シーツ、ボックスシーツ、布団シーツ)の洗濯方法についてお伝えします。一人暮らしの人でも簡単にできますよ。
ワイシャツの洗い方、干し方のちょっとしたコツ!
ワイシャツ(Yシャツ)の洗濯方法を紹介します。洗濯機、手洗い、ネットなどについてもお伝えします。
意外と知らない!?ランジェリーの洗い方と干し方!
ランジェリー(ブラジャー、キャミソール、ショーツ)の洗い方と干し方について洗濯の方法を紹介します。